RSS

ジュエルリサイクル

ジュエルリサイクルについて



不要なジュエリーを高額買取いたしております。
限りある資源のリサイクルにご協力くださいませ。
 ・処分に困っているマリッジリング
 ・片方なくしてしまったイヤリング
 ・石がとれてしまったペンダント
 ・一昔前のブレスレット
 ・切れてしまったネックレスチェーン
など、金かプラチナであれば何でも買取いたします。
なお、査定無料でございます。


お電話でのお問い合わせはこちら


ジュエルリサイクルの特徴


■なんといっても、高価買取!
 当店は日本におけるジュエリー街、東京・御徒町より発信するジュエルブランドです。日本一の激戦区ならではの高額査定、是非ともお比べください。老舗精錬業者の直処理の為、買取価格には自信があります。

■余計なお金はかかりません!
 査定料、梱包キット、往復送料など全てが無料です。

■全国どこでも買取可能!
 キットに品物を入れて送るだけなので、らくらくどこでも買い取り可能です。

■自宅ですべてが完結!
 一連のやり取りは郵送、ジュエルコンシェルジュより査定結果のご連絡、ご送金となりますので、お手間がかかりません。

■スピード買取!
 有資格者のスタッフがすばやく査定いたします。

■キャンセルOK!
 査定結果にご満足いただけない場合は、送料当社負担で速やかにご返却いたします。


買取事例


      査定価格:51,600円           査定価格:48,300円           査定価格:93,550円

※査定価格は地金相場により算出している為、価格は日々変動いたします。



買取の流れ 〜郵送買取〜




【こんな方に便利な買取方法です】
■「東京まで行っている時間がない」
■「わざわざ持っていくのが面倒だ」
■「東京より離れているが、第一線の高価査定価格で買い取ってもらいたい」

STEP 1: >>>梱包キットのお申込み

お電話、またはお申込フォームにてご連絡いただきます。

◆梱包キットお届けサービス(無料)◆
輸送中の破損からしっかりとガードする梱包キットを無料でお届けするサービスでございます。
≪梱包キット内容≫
・梱包用の箱、または袋
・商品保護用梱包材
・買取申込書
・ジュエルコンシェルジュ宛の着払い伝票 

※改正古物営業法により現住所の確認が義務付けられました。

梱包キットはご本人様のお受け取りが必要となります。
なお、重さが分かりましたら事前に大体のお見積もりをお答え可能です。

STEP 2: >>>梱包、ご返送

梱包キットが到着されましたら、下記を同封していただき、ご返送していただきます。

/畔証明書(運転免許証、パスポート、保険証等)のコピー
 ※20歳未満の方よりの買取は古物営業法により禁止されております。
▲献絅┘蝓
ご記入済の買取申込書

STEP 3: >>>本査定

ジュエルコンシェルジュに到着され次第、査定させていただきます。

STEP 4: >>>査定結果ご連絡

査定金額をご連絡いたします。
 
■査定価格にご納得いただいた場合 → 即日指定口座へお振込みいたします。
■査定価格にご納得いただけない場合 → 即日ご返送いたします。

※不成立の場合でもキャンセル料等一切かかりませんのでご安心くださいませ。



お電話でのお問合せはこちら

買取の流れ 〜出張買取〜




【こんな方に便利な買取方法です】
■「忙しくて買取のやり取りをしている暇がない」
■「わざわざ出かけるのが面倒だ」
■「直接来てもらい、目の前で査定してほしい」
※東京・御徒町より1時間以内の都内近郊地域限定サービスとなります。
STEP 1: >>>ご予約のお申込み

お電話、またはメールフォームにてご連絡いただき、お伺いする日程をご予約していただきます。
 <ご連絡事項>
   (1) お名前
   (2) ご住所
   (3) 電話番号
   (4) お伺いするご希望日時 ※第三希望までお書きください。
   (5) 査定ご希望のジュエリー概要

STEP 2: >>>お伺い、本査定
お約束した日時にご自宅までお伺いし、その場で査定をさせていただきます。
■査定価格にご納得いただいた場合 → その場で現金にてお支払いいたします。
■査定価格にご納得いただけない場合 → すぐに失礼(帰社)させていただきます。

※不成立の場合でも出張料、キャンセル料等一切かかりませんのでご安心くださいませ。



お電話でのお問合せはこちら



金価格高騰!7つの要因



史上空前の金価格高騰。そこにはなるべきしてなった、7つの背景がありました。今日、金は買い時か?売り時か?少しでもご参考になりますように、ジュエルコンシェルジュ公式ブログでその要因をご紹介しております。



タンス鉱山物語 〜金価格高騰のゆくえ〜



【解説】生産量の減少
この9年間で金価格は3倍にも上昇してきましたが、世界の金生産量は年々、確実に減少しています。
→生産量の減少、詳しくはこちらから。




【解説】世界有数の都市鉱山大国、日本
都市鉱山という観点から見ると、日本は世界有数の資源大国です。独立行政法人物質・材料研究機構が発表した数字によると、日本の都市鉱山に存在する金の総量は約6,800トンで、これは全世界の現有埋蔵量の約16%にあたります。


【解説】日本のたんす預金
日本銀行の調査報告によるとおよそ30兆円がタンス預金として存在するとされます。タンス預金は金融機関に預けられないため金利もつかず、長期間になると金融システムから見ても現金の死蔵化につながります。







【解説】タンス鉱山とは・・・
そして、この都市鉱山でもなく、タンス預金でもない、しかしながら双方の問題点を兼ね備えたタンス鉱山がたしかに日本には存在します。タンス鉱山とは、つまり“タンスの中に眠った不要なジュエリー”とここでは定義します。
【解説】タンス鉱山の含有率は75%以上
市場のゴールドジュエリーのうち9割以上は18金です。金の純度は24分率で表され18金とは、つまり75%が金、その他25%には銀や銅などが混ざっている合金ということであります。タンスの中に眠った不要なゴールドジュエリーには含有率75%の、“金の塊”がそのまま存在するのです。これはゴールドジュエリーの場合であり、プラチナジュエリーとなるとタンス鉱山の含有率は実に90%以上にも及びます。

【解説】発生するCO2を50分の1に抑制!
天然鉱山(含有量5g/邸砲茲蟠發鮑侶,訓秦、製錬の過程を経て金1kgの塊を作るのに、約60鼎CO2が発生すると言われております。一方、不要なジュエリーを原料としてリサイクル(製錬)した場合、同じ1kgの金を作るのに発生するCO2は約1,2鼎任垢爐箸いΔ海箸確認されています。不要なジュエリーをリサイクルすることは、発生するCO2を実に50分の1に抑えること(98%オフ)にもなるのです。



お電話でのお問合せはこちら